吹田市豊津駅周辺の歯医者さんは
とよつ歯科・矯正歯科

*

糖尿病の人はインプラント治療ができるのか?

「糖尿病の人はインプラント治療ができるの?」と疑問に思っている方へ。 実際のところ、糖尿病の人でもインプラント治療は可能ですが、一部の患者にはリスクが伴います。

この記事では、糖尿病患者がインプラント治療を受ける際のリスクや注意点について詳しく説明します。これから治療を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

【糖尿病患者とインプラント治療のリスク】

感染の危険性:

インプラント治療は歯肉を開き、顎の骨にインプラントを埋め込むため、感染のリスクが考えられます。健康な人は感染のリスクが低いですが、糖尿病患者は免疫力が低下しているため、感染する可能性が高まります。

血流の問題:

糖尿病は血流に影響を及ぼす可能性があり、これが治癒の遅れを引き起こすことがあります。特に、インプラント治療の期間が長引くことが考えられます。

骨の減少:

糖尿病患者は、骨が減少しやすいと言われています。これは、インプラントの安定性に影響を及ぼす可能性があります。

低血糖の危険性:

インプラント治療後、食事の制限がある場合、糖尿病の薬を通常通りに服用すると、血糖値が急激に下がるリスクがあります。

糖尿病の方は、これらのリスクを理解し、担当医と十分に相談してから治療を進めることが大切です。

 

【糖尿病患者におけるインプラント治療の可能性】

糖尿病の方にはインプラント治療を受ける際の特定の懸念点が存在します。

しかし、糖尿病のすべての患者がインプラント治療を受けられないわけではなく、血糖値を適切に管理している方や、一定の基準を満たしている方は治療の対象となることが考えられます。具体的には、HbA1cが6.9%以下や空腹時血糖値が140ml/dl以下の方が該当します。

これらの基準は一般的なもので、最終的な判断は担当医によるものです。また、治療を受ける前に、口の健康状態の改善も必要とされます。

【糖尿病患者がインプラント治療を受ける際のアドバイス】

糖尿病の方がインプラント治療を検討する際の主な注意点を以下に示します。

血糖値のチェック:

血糖値が安定していない場合、インプラント治療は推奨されません。日常の食事や運動、薬の管理を通じて血糖値を適切に保つことが大切です。手術前の血糖値の確認も必須です。

内科医との相談:

糖尿病の治療を受けている方は、インプラント治療前に内科の主治医との相談が必要です。治療のリスクや糖尿病の管理についての専門的なアドバイスを受けることができます。

低血糖のリスク対策:

インプラント治療中に低血糖を起こす可能性があるため、過去に経験がある方は特に注意が必要です。氷砂糖を持参する、食後に治療を受けるなどの対策を検討することが推奨されます。

 

【糖尿病患者とインプラント治療の可能性】

このセクションでは、糖尿病患者がインプラント治療を受ける際の要点を説明しています。 感染リスクの増加や血流の低下など、糖尿病患者がインプラント治療を受ける際のリスクが存在します。

それにもかかわらず、全ての糖尿病患者が治療を受けられないわけではなく、血糖値を適切に管理している方は治療の対象となることがあります。

最新の技術、マイクロスコープを使用して、治療時の傷を最小限に抑えるアプローチも取り入れています。糖尿病の治療を受けている方は、どんな疑問もお気軽にお問い合わせください。

 

*
*
*
*
*
*
*
*
  • 平日夜8時まで 土日も診療
  • 豊津駅から徒歩2分 ライフ隣
  • 個室・
    キッズルーム
    完備
所在地  〒564-0072 大阪府吹田市出口町26-1
電話番号 06-6330-1111
院長   気比 洋彰(きび ひろあき)
診療時間 平日 9:00-12:30 14:15-18:30 土・日 09:30-17:00
*
*
*
*