吹田市豊津駅周辺の歯医者さんは
とよつ歯科・矯正歯科

*

インプラントの寿命: 10年から15年の真実

インプラントは、失われた歯を再生するための最新の治療法の一つです。しかし、その持続期間については多くの疑問が存在します。この記事では、インプラントの持続期間とそれに影響を与える要素、そして持続期間を伸ばすためのケアについて詳しく説明します。

1. インプラントの持続期間とは何か?

インプラントの持続期間とは、通常、インプラントが正常に機能していて自然に取れてしまう状態を指します。平均的な持続期間は10年から15年とされていますが、これは一般的な指標であり、個々の状況により異なります。インプラントの持続期間は、その素材や製造メーカー、そして患者さん自身の口腔内環境やケアの状況によっても変わることを理解することが重要です。

2. インプラントの持続期間を左右する要素

インプラントの持続期間は、インプラントを埋め込む位置や埋入を行った条件によって大きく左右されます。例えば、歯周病の有無はインプラントの持続期間に大きな影響を与えます。歯周病がある場合、インプラントの持続期間は短くなる可能性があります。また、骨の量や質、全身の健康状態、喫煙習慣などもインプラントの持続期間に影響を及ぼす可能性があります。

3. インプラントの持続期間を伸ばすためのケア

インプラントの持続期間を伸ばすためには、日々の適切なケアと定期的なメンテナンスが必要です。これには、正しいブラッシング方法の習得や、定期的な歯科検診の受診が含まれます。特に、インプラント周囲の清掃は非常に重要で、適切なブラッシングとフロッシングが必要です。また、定期的なプロフェッショナルクリーニングもインプラントの持続期間を伸ばすためには欠かせません。

4. インプラントの持続期間を超えて: 何が可能か?

適切なケアを行うことで、インプラントの持続期間は平均持続期間を超えることも可能です。これは、インプラントのケアとメンテナンスが適切に行われている場合に限ります。例えば、定期的な歯科検診を受け、口腔内の清潔を保つことで、インプラントは20年、30年と長持ちすることが報告されています。しかし、これはあくまで可能性の一つであり、個々の状況によります。

まとめ

インプラントの持続期間は、様々な要素によって左右されます。しかし、適切なケアとメンテナンスを行うことで、その持続期間を伸ばすことは十分可能です。インプラント治療を受ける際は、その持続期間とケア方法を理解し、適切なケアを行うことが重要です。インプラントは大切な投資です。その価値を最大限に引き出すためには、適切な知識とケアが必要です。

*
*
*
*
*
*
*
*
  • 平日夜8時まで 土日も診療
  • 豊津駅から徒歩2分 ライフ隣
  • 個室・
    キッズルーム
    完備
所在地  〒564-0072 大阪府吹田市出口町26-1
電話番号 06-6330-1111
院長   気比 洋彰(きび ひろあき)
診療時間 平日 9:00-12:30 14:15-18:30 土・日 09:30-17:00
*
*
*
*