吹田市豊津駅周辺の歯医者さんは
とよつ歯科・矯正歯科

*

インプラントと入れ歯の違いとは?メリット・デメリットを徹底解説!

大阪府吹田市 とよつ歯科・矯正歯科
歯科医師 院長 気比洋彰です。

歯を失ってしまった場合、その治療方法としては「インプラント」と「入れ歯」が一般的です。しかし、これらの治療法にはそれぞれ特徴があります。今回は、インプラントと入れ歯の違いについて詳しく解説し、それぞれのメリット・デメリットについても触れていきます。自身のライフスタイルやニーズに合った治療法を選ぶための一助となれば幸いです。

目次

1. インプラントとは?
2. 入れ歯とは?
3. インプラントのメリットとデメリット
4. 入れ歯のメリットとデメリット
5. 治療期間と料金について
6. どちらを選ぶべきか?

1. インプラントとは?

インプラントは、歯が抜けた部分に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。歯科用のチタン製スクリューを顎骨に埋め込み、それが骨と結合することで安定した土台を形成します。その上にクラウン(人工歯)を装着することで、天然の歯とほぼ同じ機能と見た目を取り戻すことができます。この方法は、しっかりと噛む力が必要な場合や、見た目を重視する場合に非常に優れています。

2. 入れ歯とは?

入れ歯は、歯が抜けた部分を覆う形で取り外し可能な装置です。部分入れ歯と総入れ歯があり、部分入れ歯は一部の歯が欠けた場合、総入れ歯は全部の歯を失った場合に使用されます。入れ歯はアクリル樹脂や金属で作られ、歯茎や残りの歯に固定されます。取り外しが可能であるため、掃除がしやすいというメリットがあります。

3. インプラントのメリットとデメリット

インプラントの最大のメリットは、天然の歯に非常に近い感覚で食事や会話ができることです。しっかりと顎の骨に固定されるため、入れ歯のように動いたり外れたりする心配がありません。また、隣の健康な歯に影響を与えずに治療ができる点も大きな魅力です。しかし、インプラントには手術が必要であり、その際にはやや高額な費用がかかります。治療期間も数ヶ月から一年以上かかることがあります。

4. 入れ歯のメリットとデメリット

入れ歯の最大のメリットは、比較的安価であることです。特に公的な医療保険が適用される場合、経済的な負担が軽減されます。また、一部の歯を失った場合でも対応できるため、部分入れ歯の選択肢があります。しかし、入れ歯は取り外しが必要であり、適切なフィット感を得るためには頻繁に調整が必要になることが多いです。また、噛む力や発音が完全には回復しない場合があります。

5. 治療期間と料金について

インプラントの治療期間は、通常数ヶ月から一年以上かかります。初めにスクリューを顎骨に埋め込む手術を受け、その後骨と結合するまで数ヶ月待たなければなりません。料金は一本当たり30万から50万円と高額になることが多いです。一方、入れ歯の治療期間は比較的短く、数週間から数ヶ月で済むことが多いです。料金も10万から数十万円であり、公的な医療保険が適用される場合はさらに安価になります。

6. どちらを選ぶべきか?

どちらの治療法を選ぶべきかは、患者さんのニーズやライフスタイル、経済的な状況によります。インプラントは長期的な安定性と機能性を提供しますが、初期投資が高額であり、手術によるリスクも伴います。一方、入れ歯は初期費用が比較的安価であり、取り外しが可能なため清掃が容易ですが、長期的にはそのフィット感や機能性に満足できない場合があるかもしれません。

まとめ

インプラントと入れ歯のそれぞれには特徴と利点、欠点があります。どちらが適しているかは、個々の患者さんの状況により異なります。歯科医師と相談しながら、自分に最適な治療法を選ぶことが大切です。多くの選択肢がある中で、しっかりと情報を収集し、自分のライフスタイルやニーズに合った方法を選びましょう。健康な口腔環境を維持することで、より質の高い生活を送ることができます。

*
*
*
*
*
*
*
*
  • 平日夜7時まで 土曜も診療
  • 豊津駅から徒歩2分 ライフ隣
  • 個室・
    キッズルーム
    完備
所在地  〒564-0072 大阪府吹田市出口町26-1
電話番号 06-6330-1111
院長   気比 洋彰(きび ひろあき)
診療時間 月・木 9:00-19:00
     火・金 9:00-12:00 14:15-19:00
     土 9:30-17:00
休診日  水・日・祝
     ※祝日が平日の際には、水曜日も診療しています。
*
*
*
*