大阪~出口町の歯医者 とよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

牛乳は、歯に良いの?虫歯にならないの?

 

こんにちは、管理栄養士の森です(^o^)

歯を良くする栄養素といえば、”カルシウム”を思い浮かべる方が多いと思います。
また骨や歯の材料となるカルシウムを摂ろうと、健康を意識して牛乳を飲むという方も多いのではないでしょうか。

では牛乳には、どんな効果があるのでしょうか。

実は牛乳には虫歯を予防する効果があるということが分かっています。

たとえば、
・お口の中の酸を中和させる
・歯の表面につくプラーク(歯垢)をつきにくくする
・歯の再石灰化を促進させ、酸への抵抗力をつける

このような点から、牛乳は、虫歯になりにくいと言えます。
ただ、ここで注意していただきたいのは、「虫歯になりにくい」ですが、
「虫歯にならない」というわけではないということです。

牛乳には砂糖は含まれていませんが、乳糖という糖質が含まれています。
乳糖は砂糖ほどではありませんが、磨き残しがある口腔内などでは、
虫歯菌により歯を溶かす酸が作られてしまいます。

なので寝る前に牛乳を飲んでそのまま寝てしまったりすると、
虫歯を予防するどころか、虫歯のリスクを作ってしまうことになります。

健康な歯に牛乳は欠かせませんが、
飲まれた後は、歯磨きも忘れないようにしましょう♪